猫飼初心者の右往左往日記


by rojeder
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

現在のラファエル

f0143115_14333947.jpg

こんなところにいます。

えー。あんだけ悩んでたくせに・・・
おとといふとしたきっかけでゲージを出て行ってしまわれました・・・。

おとといはソファの下にかくれて出てきませんでしたが、現在は好きに飛び回り、好きに人間に飛び掛っています。
f0143115_14375411.jpg


昨日はTVにかぶりつきでした。
f0143115_14384142.jpg


なんか・・・悩んでた私ってバカみたい?!

現在の悩みはゲージに戻んなくなっちゃったこと。
トイレはつかってるみたいなんだけど・・・猫ベッド・・・使ってくださいよフィーさん(T"T)
[PR]
by rojeder | 2007-06-29 14:39 | 右往左往
今日もやはり興奮状態だったラファエル。
f0143115_1828176.jpg

お昼ごはんをあげにいったらかなりの警戒態勢ビビリモードでショック。
でも、今回は焦らないでいこうと、お昼ご飯をあげてからさっきまで、5時間くらい別の部屋にいて構いませんでした。
で、さっき
「ごはんちゃんと食べたかなー?」
と様子を見に行くと昼とは打って変わってゴロゴロしながら柵越しにすりすり。
「抱っこかい?フィーちゃん」
そんなはずはない、と思いつつもトイレを掃除するために囲いをあけると、やっぱりゴロゴロ言いながら膝の上へ。
うそー!なんでーどうしてー?!
という嬉しい悲鳴をすんでのところで押し込めて、なんでもない振りをしながら抱えあげると・・・ぜんぜん平気。(いままでではありえない)
そのまま部屋をぐるっと一周しながら
「今度からここがフィーちゃんのおうちだからね」
と言い聞かせても平気。
さすがに囲いの前まで行ったら「帰るー離してー」といつもの通りがぶがぶするかと思いつつ、噛んだら囲いに入れようとそのまま抱っこしながら正座すると、・・・そのままそこで丸くなってくれました!
そのまま10分間、甘噛みはするものの、(いつもと違って全然痛くない。甘噛みというより毛づくろいみたいな感じ)降りたい素振りも見せず、膝抱っこ。
最後は毛づくろいが本気になった感じで手首を噛むので降ろしましたが・・・それがなければもっと抱っこできてたかも。
11日目にしてとうとうやりました\(*T▽T*)/ワーイ

やっぱり別の部屋にいて構わない時間って必要なんですね。
今までは別の部屋にいても気になって1時間に1回くらいは見に行ってたからなぁ・・・
その度にゴロゴロすりすりしてくれてたけど実はストレスだったのかも。
今週はこの調子でがんばります!
[PR]
by rojeder | 2007-06-25 18:44 | 右往左往
f0143115_14312053.jpg

土曜日、ラファエルはいきなりパニックになりダイを血祭りにあげました。
そして日曜日、うちに来て10日目なので囲いから出したのですが、やはり大恐慌で人に威嚇しまくり。
思い当たる節がありすぎて原因が特定できず、囲いに戻すと安心したように寛いだ様子だったので本格的に囲いを開け放すのは延期することにしました。
土曜日の場合はショウが新しくおろしたての服を着ていたのが原因?同居隊が用事を済ませて帰ってきてからもしばらくパニックってたのですが、ショウが部屋着に着替えたら落ち着いたんです。なんか人間にはわからない匂いでもあるのでしょうか。
日曜の場合は、前日の後遺症なのか、病院に連れて行ったからなのか、刺激しないようにと同居隊が緊張してたからなのか、ショウが月経2日目で体臭が変化でもしていたのか。考えれば考えるほど思い当たる節がありすぎます。
でも一番の原因は日数にこだわってまだ慣れてないのに囲いの外に出してしまったことでしょうか。中で寛いでる姿を見るとほんとにそんな気がしました。
明日からまた、ちょっとずつ慣らしたいと思います。
[PR]
by rojeder | 2007-06-25 01:32 | 右往左往
メモ帳に。
でも画像はっつけできないんだ。
がっかり。
[PR]
by rojeder | 2007-06-22 13:05 | 右往左往

同居生活8日目

毎日書こう、と思っていたのに昨日は休んでしまいました。
ダイは、かわいいラファエルの写真が撮れるようにデジカメを置いてってくれました。
もちろん使ってますが・・・ケータイ派の私にとってデジカメで撮ってPCで投稿するのってめんどいのですよ~ダイさん。(言い訳)

f0143115_18384478.jpg

またしてもメッシュパネルを登るフィさん。(この画像ばっかりだなー)
この腹がたまらない。

昨日は、とうとうようやく人がゲージと同じ部屋にいても眠ってくれるようになりました。
ま、足音がするとやっぱり起きちゃうんですけどね。

f0143115_18413740.jpg

ショウの足に寄りかかって寝ようとしたのにカメラをとろうとしたちょっとした動きにびびり起きちゃった不機嫌なフィーさん。

どうにもこうにも未だにびびりさんで、それを解消するかのように人の腕とか手とか足とかすねとかを狙ってきます。
歯がかゆいのかなーと木切れを買ってきてゲージにいれてみたんだけどダメみたい。
そのかわり新しくかったウサギのぬいぐるみを激しくガジガジしてます。
昨日、猫のぬいぐるみ(だいたいフィーぐらい。私のお古)をゲージの前に置いたらフーッって怒ってたので、ぬいぐるみが嫌いなのかと思ったのに。
私のお古だったのが、嫌だったの?ラファエルさん?
[PR]
by rojeder | 2007-06-21 18:48 | 右往左往

同居生活6日目

今朝も6時に起きてラファエルに薬を飲ませました。
f0143115_2124227.jpg

薬を飲ませるのに捕まえたところ。

この後、「この恨み、一生忘れぬぞ!!」とでもいうように睨まれながらちょびっと薬をあげ、

f0143115_21245297.jpg

飲み終わったのを確認しては「えらいねー」と褒め称え、

落ち着くのを待ってまた「この恨み、絶対忘れぬぞ!!」と睨まれながらちょびっと薬をあげ・・・だいたい15分くらいかかって飲ませます。
ラファエルにも負担がかかるから、手早く飲ませたいのですが、いかんせんすべてが初心者のよちよち同居隊。悲しいけどしょうがありません。
そのうち早くできるようになるといいな。

++++++++++++++++++++++

ラファエル、実はゲージ暮らしではありません。
f0143115_21284684.jpg

ラファエルのおうちここ。
階段の下の空間をメッシュパネルで仕切ったところが専用空間です。
ちょうど、窓が近くにあり日が当たるせいか、よく柱に寄り添って寝ています。
そして、画像の左にちょこっと見えますのが、ラファエルがはいるはずだったゲージです。
なぜ使用しないのか、というと・・・・・・
もともと、親戚の家の子猫を貰おうとちょっとずつ準備していたよちよち同居隊。
ちょっとずつちょっとずつ・・・目についた商品を
おう、これいいかも。
と衝動買い。(そのときはそれなりによく考えて買っているつもりなんです)
しかし、それが大きな間違い。
なんと、トイレが入らないサイズを間違って購入してしまったのです!!
(そういえば、ちょっと他のより安かった気が・・・)
しかし、すべてがはじめてのよちよち同居隊。この事実に気づいたのは組み立てた後。
ししし、しまったー!!
と気づいたときには遅かった・・・。
ま、でももともと、1階に居るときは階段下のスペースを専用空間にしようとしていたので(10日ぐらいはゲージに入れとくなんて、この時は思いもよらなかった)まーいいや、とそのままそこが
ラファエルの居場所になったのでした。
気に入ってくれたみたいだし。掃除もしやすいし。
なんていうの?まさに怪我の功名ですよ。
掃除しているとき、ラファエルは

このようにして遊んでおります。


今日のフィーちゃん
とうとう、自分から膝に乗ってきてくれるようになりました!
もっと時間がかかるかも、と思っていただけにすごく嬉しい。
実は私を踏み台にして逃亡を謀っただけだったとしても・・・。

[PR]
by rojeder | 2007-06-19 21:45 | 右往左往

同居生活5日目

昨日、注射を打ってもらったラファエル。
今日の調子はというと、

f0143115_20101083.jpg


元気にご飯を食べ、

f0143115_20104459.jpg


ゲージを上ってはねずみやボールと遊んでいる模様。

小さいほうもようやく写真を撮る余裕がでてきました。
[PR]
by rojeder | 2007-06-18 20:08 | 右往左往

同居生活4日目

この3日間、夜になるとくしゃみをするようになり、鼻も乾いているしで、大丈夫かなーと様子見。
しかし、ごはんも食べるしトイレもちゃんと使用するので病院に連れて行くのをためらっていました。
その間、様子を聞きに電話をくれる店員さんと相談して毛布をいれたりペット用ホットカーペットをいれていたのですが、それが気に入らなかったらしく、こんどはベッドで寝てくれなくなってしまいました。
4日目、トイレの掃除をするためにラファエルをだっこすると・・・肉球がいつもよりも熱い。
心配が最高潮に達し、同居4日目にしてとうとう病院に初通院。
病院に行くまでの間、病気だったらどうしよう、という不安と、病気じゃないかもしれないのに私の不安を解消するために病院へ連行して、さらにストレスをかけちゃったらどうしよう、という不安で、ショウはパニックに。
「しょうがないよ。俺たちよちよち同居隊だから」
ダイも不安だろうにそんな小さいほうを慰めてくれました。

病院につき3番目に呼ばれ、診察台の上で、心なしか家よりもくつろぎだすラファエル・・・。
あんた家よりもくつろいでるじゃないのよ、と心の中で突っ込みつつ、先生に状況を説明すると、
「恐らく風邪ですねー。注射とお薬だしますね」
とのこと。
想像もつかないくらい悪い病気じゃないのかと後ろ向きに突っ走って考えすぎていたショウは、ようやく安心しました。

やっぱり病院に来てよかったよ。

帰りの車の中、かごから顔を出していたので頭を撫でていると、そのまま半目状態で眠ってしまったラファエル。
f0143115_2054914.jpg

「ラフィ寝てるのかい?」
と声をかけると
「にゃっ」
と小さく返事をして起きてしまいました。
ショウに触られながらも眠れるってことは注射が効いたのかな?
ちょっとは信頼してくれた、ということならいいんだけど・・・まだまだだろうなーきっと。

帰宅後、ダイにラファエルを抱えてもらいつつ、薬を注射器で飲ませる。
「ちょっとずつ、あげてください」
と言われたのをちょっとずつ押しながらあげるのだ、と思ったショウは休憩せずに連続してあげてしまい、
ぷはぷはぷはっとよだれをたらしながらラファエルはむせてしまいました。
「まずいのかなーやっぱり。でもがまんしてもらわないと」
とまた与えようとするショウ。
そこでダイが
「ちょっとずつって・・・少量与えて休ませてってことなんじゃないの?」
と気づき、ちょこっと押しつつ与えて休ませて、を繰り返すと、吐き出すことなく飲んでくれました。
おお、すまなかったのー。もうちょっとで溺れ死にするところだったかも。
ダイが一緒にいてくれたおかげで事なきを得ました。

通院記録

・夜のみくしゃみ、肉球が熱い、鼻がかわいているため病院へ行く。
・健康診断をしてもらう(体重は1.5kg)。
・その際、だるそうなことからウィルス性風邪の可能性を示唆される。
・インターフェロン・抗生物質の注射を臀部に打ってもらう(頸部はICチップが入っていたため)。
・風邪薬を処方される(シロップ1回1mlを1日2回×7日分)
・帰りはだるそうに(籠から垂れながら)寝て帰った。肉球発汗。
・帰宅後薬を飲ませる。その後、様子いつもと変わらず。

[PR]
by rojeder | 2007-06-17 20:03 | 通院記録
ショウが腹が痛い、とぐずったその日。

なんやかんやあってダイが会社を休んだその日。

せっかくなのでペットショップ巡りに繰り出したその日。

その日は親戚宅で生まれた猫をもらうはずだった日の翌日でした。

年寄り猫が産んだその子猫達は、結局母猫に育児放棄されて

親戚宅の代理育児のかいなく天国に旅立った。

生まれる前から期待していろいろ準備していた私達は、猫との生活をどうしても諦め切れなくて。

でもなぜか踏み切れなくて、ぶらぶらとペットショップを巡る私達。



種類はなんでもいい。

でも、初心者の私達のもとでも無事に育ってくれるような元気な子がいい。

そう胸に秘めつつ、巡った3件目。

ちょうどその日が3ヶ月目のアメリカンショートヘアーの男の子と出会った。

店員さんに声をかけ、だっこさせてもらうと、最初はおとなしく抱っこされるものの、飽きたのかすぐ噛む噛む。



これだけ元気ならば、猫同居初心者の我々よちよち同居隊の下でも、なんとか無事に育ってくれるだろうとその場で決定。
飼育するにあたっての注意事項をきき、ついでに足りなかったものを購入してお迎え準備完了。
名前もその場で決定して、いざお迎え。
車で家に向かう途中、やっぱり不安なのか、キャーキャー泣くので箱を半分開けて外の景色を見せながら帰宅。

家について、いざ、用意していた専用の居場所に入ってもらうと、興味津々ながらも怖々といった感じで探検。

f0143115_2004129.jpg


しかし、どうやらショウの作成した巣箱は気に入ってもらえなかったらしく、上に乗るのみ。
悲しいので即撤去。

f0143115_2015947.jpg


かわりに、赤いベッドを設置。
するとどうやら気に入ってくれたらしく、そこでちょこっと寝てくれました。

ごはんもちょびっとだけ食べてくれ、あとはトイレを済ますのみ、なのだが、日付が変わる時刻になってもなかなかしてくれない。やっぱり緊張しているよう。
でもこれがきっかけで慢性便秘になるのでは、と心配した我々よちよち同居隊は、ちょっと強引な手段ですがぬるま湯にひたしたティッシュでおしりをふきふき。
後は、運を天にまかせてゲージにいれ、我々も就寝。
次の朝にはトイレ使用済みになっていました。

まだまだ信頼はできないだろうけど、これからよろしくね、ラファエル。

今日覚えたこと

・10日間(もしくは慣れるまで)はゲージ暮らし。
・あまりかまいすぎない。
・ごはんは離乳食(カリカリをお湯にとかしたもの・整腸剤・ヤギのミルク・猫缶・生カリカリ)をあげる。
・爪は2週間に1回ぐらい切る。
・耳は3日に1回ぐらい掃除する
・ブラッシングは毎日。

[PR]
by rojeder | 2007-06-14 20:54 | はじめに